2010年08月31日

<第1回MWSレポート>サックスSさん 演奏曲:Bye Bye Blackbird

Sさん:速い曲が苦手で、コードが追えなくなったりロストしたり してしまうこともあります。それで速いテンポで努めてやるようにしていった方がいいのか、それとも自分でこのテンポなら大丈夫というのをやり続けたほうがいいのでしょうか?

廣木氏:まず、テナーの倍音が良く出ていて、音が太くていいです。もっと複雑な密度の濃い倍音にしていくと良いです。例えば、ロリンズとかコルトレーンとかは複雑な倍音が鳴っています。それはこれからいろいろ経験されることにより変化して行くと思います。しかし基本的にテナー特有の鳴り方がして音圧があって隣にいて気持ち良かったです。テンポについては、少しずつ練習して速いのに挑戦していていけばいいのですが、ゆっくりできないものが速くできるということはありません。大切なことは指が動くということよりも頭で音を追えていて、しっかりと歌えているかどうかということです。ということは楽器の練習だけやっていれば良いという訳ではないのです。ちゃんと理解して、こういう時にはこういうふうに吹こうという計画性もあって、頭の中に音がうかんでいる状態でアプローチするのです。そして実際の即興の現場では予定通りに行かなく、その場で思いついたりすることもあるわけですから、まずはちゃんと歌えるということが大事です。何か聴こえているのだけど指が追いつかないという状態は、練習すれば吹けるようになります。ですからまずは聴こえるようにしていくという努力が必要で、それにはいいものをたくさん聴いてコピーを続けていくことが大切です。テナーサックスだけではなくて、限られた時間の中で聴くわけですからいい音楽を選んで聴いてください。
posted by mwtokai at 12:46| Comment(0) | レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。